パパの転勤で2015春から名古屋市へお引っ越しです!!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年04月05日 (土) | 編集 |
今日は寒の戻りで風の冷たい福岡市ですが・・・
暖かくなったり寒くなったりと、油断をすると風邪を引きそうです(>_<)


さて、福井県の桜が満開になった4月3日は
昨年亡くなった実家の愛犬ラヴの1周忌という事で
先月の三連休に、ラヴの(ペット霊園への)お墓参りを兼ねて
1年ぶりに実家へ帰省をしたのですが・・・

実家が

転勤生活10年間でこんなに帰省しなかったのは初めてで
去年は6月末には未来(ミク)が発作を起こし、夏にはルゥがヘルニアになり
いくらグリーン車とはいえ、片道5時間の列車の旅はそれぞれ耐えられないだろうと
延期しているうちに私が働き始め、ずるずると1年が経ってしまいました(-_-;)

グリーン

ねぇ

昨年3月の引っ越し直前に実家のラヴが急に危篤状態になり
私達家族の願いも虚しく、1週間ほどであっという間に逝ってしまい

引っ越しの諸々手続きをしながら川口(埼玉)や福井、福岡を往復し
ラヴを看取る事が出来たので悔いは無いのですが

やはり、実家のドアを開けるといつも笑顔でシッポをふりながら出迎えてくれた
ラヴがいなかったのが悲しかったというか、不思議だったというか
あ~、本当にもういないんだなぁ~と、ようやく実感したというか・・・。

ただ、ルゥやミクは家の中に入るとすぐにラヴの写真に鼻で挨拶をし
母が用意しておいたラヴの器で水を飲み始めた事に驚きましたが・・・

ただいま

ラヴの水ミク

ラヴの水ルゥ

実家にはリビングだけでなく、ラヴが昼寝をしていた場所やお気に入りの場所など
家中のあちこちにラヴの写真が飾ってあり

リビングの写真

私よりもずっと一緒にいて、大切に可愛がってきたラヴが急にいなくなり
先代リキを含めると30年もの間、ワンコと一緒に暮らしてきた両親が
ワンコの居ない寂しい生活をしていると思うと、とても切なくなりました。

ラヴちゃん

ラヴが5歳の頃に私が結婚し実家を出て、あちこち転勤するようになってからは
年に数回しか会えなかったけれど、何処に居てもラヴの事は常に頭の中にあり

私にベッタリだったラヴを置いて家を出てしまった事が気がかりだったものの
数年後、父にベッタリになった!と、母から聞いた時にはホッとし

更に、ラヴを置いてきたのにルゥやミクを迎えた事に負い目を感じていましたが
犬嫌いのラヴが、ルゥやミクには優しく接してくれた事にとても感謝しています(*^_^*)

ラヴとルゥ

ラヴミク1

ちなみに、ラヴは今まで犬と暮らした事の無いパパが初めて接するワンコで
出会って直ぐにパパの事が大好きになったラヴの頭を撫でながら
「犬ってこんなに可愛いって知らなかったよ!」と言うパパの言葉を聞き
嬉しそうにしているラヴの顔が今でも忘れられませんが・・・

お昼寝

私の知り合いの御主人に道端で拾われ、わが家に来てからは
家族みんなに愛され可愛がられていたラヴは、16歳近くまで長生きし
家族みんなに看取られて最後まで幸せだったと思います♪

ラヴの笑顔

そんなラヴの最後は、痛みからか何度か鳴き声を上げていましたが
父に手を握られ、母に名前を呼ばれながら身体を優しく撫でられ
私はラヴが道に迷わず先代リキや祖母達の所へ行けるように般若心経を上げ続け
ルゥやミクみんなに見守られる中

最後

目から大粒の涙を流し、ひとつ大きな深呼吸をした後 静かに息を引き取り・・・
ラヴの訃報を聞いたパパも、電話口で泣いてくれていました。

ラヴの涙

ちなみに一昨日のラヴの命日に母は、たくさんの料理を作りお供えしたそうで
私も、今日は月1回の薔薇づくしのフラワーアレンジメントの日だったので
ラヴの為に心を込めて生けてきましたが・・・

ラヴヘ

今後もリキ同様、家族みんなでたくさんラヴの話をして
ルゥとミクにはラヴの分も元気で長生きをして貰おうと思います(●^o^●)

宝物

また
スポンサーサイト
2013年04月12日 (金) | 編集 |
この4月にパパの転勤で引っ越しをした為、お久しぶりの更新ですが・・・

今週から始めた片付けも残りわずかとなり、本日ようやくネットを接続致しました。


と、ここ2週間ほどは色んな事がありすぎて

何からアップしていけばよいのやら!と言う感じですが・・・^_^;


パパの異動先が東京都内から福岡市と分かってからは

あまりにも実家から遠いというストレスが大きすぎて、荷物を片付ける気にならず

連日、友人達と送別会を兼ねてランチに行ったり

観た映画

「ゼロ・ダーク・サーティ」、「フライト」、「アルゴ」(再上映していたので)

川口で舞台挨拶もあった「ひまわりと子犬の7日間」、「オズ はじまりの戦い」など

洋画を立て続けに観に行っていました。

福岡

その後、21日から3泊で両親が荷物整理の手伝いに来てくれている間に

スカイツリー

かかりつけの獣医さんに預けていた実家のラヴが、22日に急性膵炎になり

(分かったのは両親が迎えに行った24日ですが)そのまま入院する事になって

獣医さん

その後の3月最後の週は、地獄のような毎日でした。


24日の日曜には、数ヶ月前から入院していたパパのおばあちゃんが亡くなり

毎日遅くまで仕事の引き継ぎや企業への挨拶回り、送別会等が続く中

どうしても仕事を休めなかったパパは、群馬まで日帰りでお通夜に行き


同じ日に私がウイルス性の風邪をひき、39℃の高熱&吐き下しになって

何も食べれず毎日2時間の点滴だけで数日間、片づけをしていたのですが・・・

川口

荷物を出した翌々日の29日には、「ラヴの具合がかなり悪い!」

獣医さんへ朝晩通っていた両親から電話を貰った為、埼玉県川口市から

品川

品川発の始発に乗って実家へ行き、獣医さんにいるラブに会い

獣医さんとラヴの病状や治療について話しをし

「昨日まではかなり具合が悪かったのですが、今日は持ち直したので

これから2週間ほど入院をして貰って治療を続けます!」
と、言われ

新大阪

少しホッとした気持ちで新大阪経由で、パパの待つ福岡へ行ったその日の夜

博多駅

私が帰った後しばらくしてラヴの容体が急変したらしく

荷物を受け入れする直前に獣医さんにいる母から電話があり、獣医さんと代わり

「これ以上、手の施しようがない!」と、言われたので

両親にラヴを連れて帰って貰いました(/_;)

きっと

その為、翌30日には、なんとかパパが数日間暮らせるようにだけ片付けをし

京都

31日の博多発の始発に乗り、ラヴに会う為に福井の実家へ行き・・・

この異動のおかげで、JRでも福岡が福井からそう遠くないと分かりましたが

福井

それからは、家族みんなでずっとずっとラヴのそばにいました。

ラヴ

10年以上前に父も、急性膵炎で4ヵ月飲まず食わずで入院した事がありますが

膵炎は凄く痛い病気なので、鳴き続ける時には交代でラヴの身体をさすったり

たびたび身体の向きや敷いてあるバスタオル、オシッコシートを変えたり

ラベンダー

痛みを和らげ眠らせてくれる、安全なラベンダーを絶えず香らせたりして・・・

ラブとルゥ

そんな私達を見て、ルゥや未来(ミク)も何かを感じていたのか

ラヴとルゥ2

絶えずラヴのそばにいて、心配そうに見守っていましたが

ラブちゃん

福井県内のあちこちで、桜が満開になった翌日

4月3日の22時10分に家族に看取られてラヴが亡くなりました


それからは、16年前に先代リキがお世話になったペットの葬儀屋さんや

お経

昔から実家がお世話になっているお寺の住職さんに来て貰い

6日には、リキ同様ラヴのお通夜やお葬式、火葬や骨上げなども全てやった為

福岡に戻って来たのは、日本列島が嵐に見舞われた7日でした。

遺灰

ちなみに翌8日には両親が、リキのいる霊園まで納骨に行ってくれましたが

住所変更手続きや片付けがあった私は、おかげで色々と考えずに済みました。

お昼寝場所

またラヴの事は、心と家の中の整理がついたらアップしようと思いますが

今回、年度末年度始の忙しい中ずっと私を励ましてくれたパパをはじめ

さるん子さん、テンテンちゃんパパさん、ハートちゃんママさん

ミンクちゃん、ニョリちゃん、マフィンちゃん、YOU子ちゃん

ジョニー君ママ、カリンちゃん、KAさん、Aさん、先輩HAさん


そして、伯母さんや従姉妹のリーちゃん、本当にありがとうございました

ラブちゃんが

ラヴはここ数年程の間に3度大きな手術をし

腎臓や心臓に持病があったので、月2回定期検診に通っていたおかげで

15歳と9カ月=人間で言うと80歳と、中型犬にしては長生きが出来

両親も川口に手伝いに来るまでは気付かなかった程、元気で若々しく

余りにも突然の別れだったので、まだ心にぽっかり穴が開いていますが

先週までの2週間のあいだ、家族でいっぱいいっぱい泣いたし・・・

みんなが毎日、メールや電話で励ましてくれたおかげで

気を張り続け、いろいろと乗り切る事が出来ました

またね

そして、私がお嫁に行った後もラヴを可愛がり、ここまで長生きさせてくれ

今回、ラヴの治療費だけでも大きな額だったのに

餞別の他に、あちこち異動する為の交通費を出してくれた両親に感謝です。


★ ★ ★ ★ ★


今日で、福岡市内に住み始めて1週間。

みんなから聞いていた通り!街も女性も綺麗だし、都会だし、デパートだらけだし

交通の便も良いし、食べ物も新鮮で美味しいし

運転は聞いていた通り!荒っぽいけど、人はみんなとても親切だし

またもう少し落ち着いたら、福岡の事も含めてじゃんじゃん更新して行くので

お楽しみにね
2010年09月14日 (火) | 編集 |
一昨日の夜は夜中前には雨も上がり、翌昼前には晴れたルゥミク地方

今日も、明け方まで降っていた雨もお昼前には上がり・・・

14青空

綺麗な青空になりました



さて、ご心配いただいた実家のラヴは・・・おかげさまで

14ぶじ

と、昨日の午後に無事退院する事が出来ました

14ご心配

が、もちろん!今はこんなにキレイな状態ではなく・・・

お腹周りの毛もほとんど刈られたハゲちゃびん状態で

抜糸もまだの為、エリザベスカラーの不自由な生活は続いてますが・・・


10日ぶりにようやく我が家へ帰れたラヴは、最初こそウロウロと家の中を

歩き回っていたようですが・・・

しばらくすると落ち着いたようで、昼寝用の布団で眠っていたそうです

14ルゥミク

ただ・・・ラヴの事を心配しすぎたのか?無事に退院出来て安心したのか?

今までの疲れがドッときたようで、今度は実家の母が夏バテになり

昨日の夕方、病院で点滴を打って来たらしいのですが・・・

ラヴが入院中は毎日電話をしてきて「寂しい。」と言っていたので

ラヴが無事に退院出来て、本当に良かったです

(あともうちょっと発見が遅ければ手遅れだったそうです!)

14おさんぽ

14ドライブ

と、本当ならすぐにでも帰省してラヴを抱きしめたい所ですが・・・

周りでちびっこギャング達が暴れまくると、ラヴのストレスになるし

しばらくは遠くで見守る事にします


ちなみに・・・今回の入院や検査、手術を含めての治療費は

全部で27万円(うち手術費用15万円)だったらしく・・・

14げっ

って!もちろん「お金よりも命!」に決まっているし・・・

ルゥやミクにもしもの事があれば、わずかな貯金もはたく覚悟ですが(汗)

やっぱりもしもの為に保険は止めずにそのまま加入しておかなきゃね


今後は週1回獣医さんへ通って注射を打ち、フードも医療用に切り替えたラヴ

ドライブは大好きなので、週1回車に乗れるのは嬉しいだろうけど

今回なぜだか?8kgもの大袋のフードを買わされてしまったらしく

「ラヴはセントバーナードかっ!」って感じですが・・・

次回からは2kgを買うように母にお願いしておきました



と、ようやくラヴも退院してホッとしたし・・・

今月はミクのワクチンもあるし、一緒にルゥミクの健康診断をしなきゃね

14注射
2010年09月10日 (金) | 編集 |
今朝も元気に散歩へ行ったルゥとミク

8あつい

と、まだまだ朝~日中は日差しが強いルゥミク地方も

8でも

夕方~夜は涼しく、クーラーをかけずとも眠れるようになりました


そして・・・

この度は、ラヴのご心配をいただきありがとうございます

8ラヴちゃん

今日はちょっと微熱があったものの・・・

おかげさまで術後の経過も良く、日に日に元気になっているようで

ラヴの元気な顔を見た実家の両親もようやく食欲が出てきたようです


また今日、獣医さんへ病理検査の結果が届き・・・

ラヴの病名は「胸腺腫きょうせんしゅ」というもので

この病気になる確率は0.1%とかなり低く、とても稀な病気らしく

ネットで検索をしてもほとんどヒットしない為

人間用の「胸腺腫」で見てみました! →「人間の胸腺腫」

※追記:ようやく参考になる記事を見つけました。 → 「犬の病気 胸腺腫」



「胸腺腫」は組織学的に良性や悪性の区別はないようですが

やはり細胞は生きている為、再発や転移の経過観察が必要なので

今後は・・・①3ヶ月に1回の検査
      ②薬の服用
      ③抗がん剤治療は苦しい為、週1回の注射

の治療を続けていくと・・・あと2年は生きられるそうです!


ただ、食べ物が胸につかえないように注意が必要!との事で

食事中も気を付けて見ていなければいけないし・・・

カルシウムが高くならないように低カロリーのフードに切り替えて

今後獣医さん指定のドッグフードしか食べれなくなるけれど・・・


ラヴ自身とても元気らしく、今日の夕方、父と少し散歩へ行った際に

ドライヴ好きのラヴは「車に乗りたい!」と、せがんだらしく

熱さえ下がれば来週には退院出来そうです

8ラヴ

あと2年・・・

2年なんてあっという間かもしれないけれど・・・


もしかしたらあと3年も4年も、もっと長生きするかもしれないし・・・

獣医さんにも言われたらしいけれど、既にラヴは犬の平均寿命を超えて

長生きをしている訳だし、それがあと2年も生きられるなんてスゴイ


と、前向きに考えていく事にします


そして・・・

今後も出来るだけ会いに帰って、ラヴとの時間も大切にしていこうと思います

ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございました

2010年09月07日 (火) | 編集 |
台風が接近しているせいか、お昼前から土砂降りのルゥミク地方

皆様も台風にはくれぐれもお気をつけくださいませ


と、実は・・・1週間前から、心ここにあらず状態の私



というのも・・・実家のラヴの事なのですが・・・

注意:長くなります。

6らヴ

ちょうど1週間前の1日の夜、実家の母から電話があり

「ラヴちゃんの体調がちょっと変なんだよね。

相変わらずたくさん水を飲むし、私達や自分の布団の上に何度も

水のようなおもらしをするし、ますます食欲も無くなってきたし。」

と言われ・・・

6食欲

実はお盆で帰省をした時に、既に驚く程たくさん水を飲んでいたり

散歩も、いつもなら先に歩き、途中まで行くと振り返ってルゥミクを

待っていてくれていたラヴが

6まって

ルゥミクよりも歩くペースがゆっくりだったりと

6おしっこは

「大丈夫かな?医者に連れて行こうか?」と、気にはなっていたものの


「食欲が無くなったんだけど夏バテかな?」と、母から聞いていた割に

ルゥとミクが一緒にいたせいか?ご飯はいつも通りに食べていたので


6むしゃ

「食欲があるから大丈夫かな?!」と、医者に行かないままだったのですが

さすがに「おもらしは変だよ!明日、獣医さんへ行ってくれる?」と頼み


翌日、かかりつけの獣医さんで血液検査をしてもらった結果

カルシウムの数値が大きい事が分かり、その後のエコーの結果

肺に白い影=腫瘍が見つかり、即入院になったラヴ


先生には

「肺に腫瘍が出来ています。すぐに手術をして腫瘍を取り除かないと

心不全を起こして2週間で死んでしまいます。」
と言われ

ラヴの体調が良ければ、4日後の月曜日(6日)に手術をする事に決まり・・・



それからは両親が車で片道20分ほどの獣医さんまで毎日通い

入院中のラヴに会いに行ってくれたのですが・・・


母が「ラヴちゃん、元気になって早くお家に帰ろうね!」と言うたびに

めったに吠えたり鳴いたりしないラヴが、大きく悲しそうな声で何度も

「帰りたいよぉ~!」と鳴いたそうです(涙)

6おうちが


そしていよいよ昨日は、ラヴの体調も血液検査の結果も良かったので

これなら耐えられるだろうと、手術を受ける事になり

6ルゥミク

ラヴが手術を受けていた昨日の午後は、何も手に着かず

仕事中のパパからも何度も電話やメールがあり・・・


家族みんなで、「ラヴの手術が上手くいきますように!」と祈った結果

おかげさまでラヴの手術は無事成功しました



夕方、父と母が病院へラヴの様子を見に行くと

ちょうどラヴの手術を終えたばかりだった先生や看護婦さん達が皆

「大変な手術だったけど、ラヴちゃんよく頑張りましたよ!」

言ってくれたらしく・・・

開いてみたら腫瘍の位置が肺ではなかったらしいのですが

腫瘍の大きさが思ったよりもザクロ大と大きくて

心臓にも癒着していた為、2時間半の大手術だったようです


6おつかれ

ちょうど麻酔が切れたラヴは、ボーっと立ってこちらを見ていたとの事で

「思っていたよりも元気そうだったよ!今から先生の話を聞くね!」

母から取り急ぎのメールが届きました


「術後の今夜が山!」と言われた昨夜も無事に過ぎ

心配で心配で、朝一番で獣医さんへ電話をすると

「ラヴちゃん、今は治療中ですが元気ですよ!」と言われ・・・

6ルゥラヴ

今日の夕方、両親が会いに行くと元気にご飯を食べていたようです

6ラヴミク

あとは、摘出した腫瘍が悪性かどうかの結果を待つ事になり

良性ならこのまま良くなっていくのを待つだけで

悪性ならば抗がん剤の治療になるそうですが・・・

きっと良性な気がしてます


6にコール


それにしても・・・

今回もう少し獣医さんへ行くのが遅かったら、ラヴは手遅れだっただろうし

やはり、大量に水を飲んでいた時点でおかしいし・・・

ちょっとでも「おかしいな!」と感じた時にすぐに医者に行くべきでした。


また、先生曰く、「腫瘍は1年前くらいからあったかもしれないよ。」との事で

13歳という年齢を考えて、半年に1回は健康診断をすべきだったと反省しました

それと・・・ラヴも保険に入れておくべきだったなぁ~・・・とも。

ルゥやミクの事ばかり神経質になっていて、ラヴの事は両親に任せっぱなしで

もう少しで可愛い妹を死なせるところでした(>_<)


本当はすぐにでもラヴに会いに実家へ帰りたいのですが・・・

退院してもルゥミクがいると、ラヴが気を遣って余計に疲れてしまうので

どないしよ!と、悶々としている私ですが・・・

6たく

6文句あっか

6ラヴの水

獣医さんも、ラヴが10年以上お世話になっている良い先生だし

実家の両親も毎日ラヴに会いに行き、一所懸命尽くしてくれているので

本当に有難く・・・


今は、「どうかラヴの腫瘍が良性でありますように!」と、祈るばかりです

6元気に

早く元気になって、またルゥとミクと一緒に散歩へ行こうね

6ラヴちゃん

頑張れっラヴ


☆長い文章にお付き合いくださり、ありがとうございました☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。