FC2ブログ
パパの転勤で2018年春からさいたま市へお引越しです!
2013年01月18日 (金) | 編集 |
ここしばらくは、映画館へ観に行きたい!と思う洋画も無かったのですが・・・

年末からアカデミー賞候補の映画が続々と公開になり

遅ればせながら、今週ようやく「レ・ミゼラブル」を観に行ってきました

映画

ちなみにロンドンへは行った事はないけれど、NYへは2度旅行に行っていて

どうしてその時にブロードウェイで観ておかなかったんだろう!と、思った程の

「レ・ミゼラブル」

フランス革命

洋画は好きでも、ミュージカル映画はあまり好きでは無く(汗)

今までとりあえず観てはいるものの、「またこんな感じか!」だったのですが


今回、ジャンバル・ジャンが私の大好きなヒュー・ジャックマンだったから

余計にだろうけど・・・

ヒュー

全編カメラの前で演技をしながら実際に歌い、そのままを撮影をしただけあって

映画でも、それぞれの感情がダイレクトに伝わってきて

観ている間中ずっと、涙と鼻水が止まらなくて・・・

(平日なのにほぼ満席だったし、他の方も皆ズルッズル泣いてました!)

思わず、サントラCDを買って帰ってきてしまいました(笑)

サントラ

ジャンバル・ジャンの役も、人格者のヒュー・ジャックマンにピッタリで

(日本ではXーMENのウルヴァリン役の印象が強いかもしれませんが)

ブロードウェイミュージカルでトニー賞も獲っている程で

スマートでナイスガイな役のヒューの方がやっぱり素敵!って、感じで

有力候補の「リンカーン」に負けず、アカデミー賞の主演男優賞をぜひ

この作品でヒュー・ジャックマンに獲って貰いたいなぁ~!と、思います

コゼット

また、アン・ハサウェイフォンテーヌも凄く良かったけれど

アン

観ていて私が一番惹かれた女性は、エポニーヌで・・・

切なくて切なくて、ずっとグシュグシュでした

この人

ただ、「ここは別にわざわざ歌わなくてもいいじゃないの?」ってところも

いくつかありましたが・・・(笑)

内容は多くを語らずとも皆さんも御存じだと思うので、この辺にしておいて

この映画は是非、映画館で観てズルズル泣いてきてください!って感じです


そして、今後も観たい映画が続々と公開になり

映像が素晴らしく、絶対に3Dで観ておいた方が良い!と言われている

「ライフ オブ パイ  トラと漂流した227日」を始め

「ゼロ ダーク サーティ」「フライト」等など・・・

ミクも

邦画では、実話の「ひまわりと子犬の7日間」も観ておきたいし

ひまわり

って感じですが!

その前に、本日公開になる「テッド」を観ておくと

アカデミー賞の授賞式がより楽しめそうなので←詳細はココを!

テッド

とりあえず、観に行っておかなくっちゃね(笑)