パパの転勤で2015春から名古屋市へお引っ越しです!!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月29日 (水) | 編集 |
今年も、今日を含めてあと3日


昨日でようやく大掃除もお正月の用意もすべて終わり、ひと安心

1年賀状

と、年賀状もすべて出し終わったけど・・・

多分、元旦には着かないと思いますので先にお詫び申し上げます(汗)


さて、今年は9月に実家のラヴが「胸腺腫」という稀な病気になり

ちょっとでも発見が遅いと命が危ない病気なのですが・・・


気付いたのも早く、腫瘍部分をほぼすべて取り除く事が出来たおかげで

13歳という高齢にもかかわらず、見違えるほど元気になりました

1ラヴ元気

ただ術後もずっと週に1回注射をしたり、数ヶ月に1回定期検査をしたり

ドッグフードも治療用を食べなくてはいけなくなり・・・

安いからか?獣医さんもこんなにデカイ袋を買わせやがって

びっくりしたのですが・・・

(この後から1~3kgまでのを買うように母にお願いしてます!)

1ラヴのフード

口の肥えたラヴが、毎日同じドッグフードでは侘しいだろうと


ラヴを心配してくれていたhikkoさんに、術後の体に良い食べ物が

「はなびらたけやサメの軟骨」だと教えてもらい・・・


以前からの我が家お気に入り、「ドットわん」↓で

1ドットわん

サメの軟骨を購入し、母に頼みフードに混ぜてもらったりしたのですが

1ドットわん2

頑張って週1の注射に通い、毎日同じフードを食べ続けたおかげか?!

昨日の再検査で胸の腫瘍は再発していなかったそうです

1ほっ

ただ、今後も月に1回にはなったものの注射に通ったり

治療用のフードは食べ続けなくてはいけないようですが・・・

ネットでかなり調べて、腎臓によさそうな別のフードを見つけたので

それもちょっと食べさせてあげようと思います



そして、実は・・・大変だったのは実家のラヴだけでなく・・・


今年は、9月にいつも行く獣医さんでルゥとミクの健康診断をした際に

ミクが血液検査で肝臓の数値が高かった為、再検査をした結果

「小型のパピヨンに多い、門脈ー体循環シャントの可能性が高い!」

と言われ、シャントをネットで調べれば調べるほど目の前が真っ暗になり

悲しくて悲しくて、涙が止まらなかったのですが・・・

1あの時は

真っ先に相談したhikkoさんも朝方までいろいろ調べてくれたり

FAXした検査結果を持ってご自分の獣医さんへ聞きに行ってくれたり

ミクの姉のテンテンちゃんのパパさんやハートちゃんのママさんも

心配して連絡をくれて勇気付けてくれたりと、とても有難くて


私もミクに出来る限りの事は全てしようと思い、獣医さんへ相談に行き

フードも治療用になる為、どーんと山のように購入したのですが・・・

1これだけを

ただ、セカンドオピニオンはするつもりでいたので

翌月、実家のラヴのお見舞いがてら帰省し、ラヴかかり付けの獣医さんに

「出来るだけ細かい検査をしてほしい。」とお願いし

新潟の獣医さんの5倍以上の料金の(笑)血液検査をしてもらった結果


なんとビックリ!「どこも異常ないよ。大丈夫だよ。」と言われ

肝臓の数値をはじめ、検査項目一つ一つ見ても全て標準値以内だったので

今度は嬉し涙が止まらなかった私ですが・・・

1健康第一

シャントじゃなくて本当に良かったね


という事で・・・

来年からは健康診断を1年に1回じゃなくて、2回に増やそうかと思いましたが

1のんびり

やはり、人も動物も定期健診はとても大切だなぁと感じた1年でした





※ミクの治療用フードは埼玉県にある動物愛護団体へ寄付させて頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。