パパの転勤で2015春から名古屋市へお引っ越しです!!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年04月04日 (水) | 編集 |
さて、前回アップした「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」に引き続き



先週観に行った洋画は「マリリン7日間の恋」ですが・・・

マリリン・モンローが好きな私は、待ちに待っていた映画で

ぷぷっぴ

こちらも第84回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ

第69回ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞を受賞しただけあり

ミシェル・ウィリアムズ演じるマリリンが素晴らしくて


もともとはスカーレット・ヨハンソンがこの役をやる予定だったらしく

実は映画を観るまでは、「なんでミシェル?全然マリリンに似てないじゃん!」

な~んて思っていましたが・・・

マリリン

映画を観ているうちに段々と「やっぱ似てるなぁ~!」と、思い始め(笑)

エンドロールの際に映った1枚は、「えっ?これはどっち?」と思うほど

よく似ていました

映画

また、似てると言えば!

相手のコリン役のエディ・レッドメインが途中から

コリン

F1レーサーのジェイソン・バトンに見えてきて仕方がなかったのですが(笑)

バトン

この話は、コリン・クラークの日記を元に描かれているだけに

映画を観ているうちに・・・


精神的に不安定な状態のマリリン・モンローが、英国へ映画撮影に行き

同行した結婚したばかりのアーサー・ミラーに愛想をつかされ?!

先に帰国されてしまった後

一人ぼっちになったマリリンが更に情緒不安定になり

撮影現場に遅刻したり、自分流の演技法も受け入れて貰えなかったりと



そんな孤独で淋しい状況の中で唯一、自分に好意を持ち味方でいてくれた

第3助監督のコリンに支えられ、癒されていただけで

恋をしていた訳ではなかったのかなぁ~と、思いましたが

4人

でもまぁ恋だったとしても、プラトニックな関係だったようだし

女性なら誰しも・・・というか

寂しさの中で抱く感情として、とても共感出来る内容で



ジュディ・デンチも相変わらず存在感タップリで素晴らしかったし

ジュディ

エマ・ワトソンは相変わらず超可愛くてキュートで

エマ

最後まで飽きる事なく、楽しんで観る事が出来ました


それにしても、ピュアでガラスのハートのマリリンを完璧に演じきった

ミシェルは本当に凄かったです

マリリン2

てな感じで、この映画は女性にかなりお勧めです



という事で、31日にも「ヘルプ」「ドライヴ」「スーパー・チューズデー」

一気に公開になり、他にもたくさん観たい映画があって嬉しい悲鳴ですが

ジュリア

大好きなジュリア・ロバーツの「幸せの教室」も早く観てみたいね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。