パパの転勤で2015春から名古屋市へお引っ越しです!!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月24日 (日) | 編集 |
さて、チャッチャとアップしてしまいますが・・・・


先週観に行った洋画の3本目は、コチラも実話の「ソウル・サーファー」

ポスター

3本の中で一番良かったし、とても勇気を貰えた映画でしたが


実は私、F1のルイス・ハミルトンは知ってても

この映画の主人公であるベサニー・ハミルトンは知らなくて・・・


実はレディー・ガガよりも大好きなケイティー・ペリーの曲を

映画のCMで使っていたので、「観に行ってみようかな!」ぐらいの

軽い気持ちだったのですが(失礼極まりなくてゴメンナサイ)!!

ほんと

いろいろな情報番組やケーブルテレビで、来日したベサニーを見て

体験談を聞いているうちに、「今すぐ観たい!」と思い・・・

映画の内容のあまりの良さにパンフレットも買ってきちゃいました

じゃ

映画の内容は、「ハワイのカウアイ島に住む13歳のベサニーは

小さい頃から親友とプロサーファーを夢見て練習にあけくれていたのですが


練習中にサメに襲われ左腕を失っても、どうしても夢を諦めきれず

事故後1ヶ月で海に入り、サーフィンを始めたものの・・・


事故

なかなか満足のいく結果が得られず、一旦はサーフィンを諦め

大津波の被害を受けたプーケット島へボランティアに行ったり

新しい人生を始めようとするのですが・・・



そこで出会った人達から勇気や希望を貰い

家族や親友、周りの人達の温かい愛情に支えられながら

必死に努力してプロサーファーへの道を進んでいく!」
という感じですが・・・


まず私なら二度と海には入らないだろうし、なかなか立ち直れない気がするし

事故後1ヶ月で傷口にテープを貼り海に入っていくベサニーの勇気には脱帽でした

親友

また、両親だけでなく2人の兄や親友達のベサニーへの愛情もとても強くて

毎日何時間ものハードなトレーニングや他人からの好奇の目にも耐えれたのは

これだけ温かい家族や周囲の支えもあったからだろうなぁ~と思うし

ライバルの、そんなベサニーに同情しない態度も素晴らしいと思いましたが・・・

結婚式へ

私の大好きな「SEX AND THE CITY」のキャリーの高校時代を描く

「The Carrie Diaries」の主役にも抜擢された

キャリー

ベサニー役のアナソフィア・ロブちゃん

撮影の1ヶ月から練習を始めた!という割に、凄くサーフィンが上手でビックリしたし

(でも、本格的な部分はベサニー本人がサーフィンをしているそうです!)

海の中

父親役のデニス・クエイドや母親役のヘレン・ハントも凄く良かったし

2人の兄役のロス・トーマスクリス・ブロシュもカッコ良かったです

家族

ちなみに、エンドロールではベサニー本人の映像が映り

現在22歳のベサニーは世界ランキングにも登場するトッププロサーファーであると共に

チャリティ活動にも熱心に取り組んでいるそうで

最近では自身の「フレンズ・オブ・ベサニー」という基金も設立しているらしく・・・

本人

「誰かが希望を見いだす手助けができるなら、私が腕を失った価値はあったと思う」

なんて言えるベサニーは、大きな心を持った凄い人だし

夢を諦めない強さと人への優しさを持ち合わせた、本当に素晴らしい女性と思いました

ミクも

なので、10代のうちにこの映画を観ておくと、かなりイイかもです


てな感じで、今後もスパイダーマンをはじめ観たい映画が目白押しですが

めずらしく

「おおかみこどもの雨と雪」は、雨と雪がルゥやミクとダブる気がしたし

予告を観てからずっと気になっているのが「プロメテウス」かなぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。