パパの転勤で2015春から名古屋市へお引っ越しです!!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年09月14日 (金) | 編集 |
可愛い可愛い上戸彩ちゃんが結婚した今日は!!

待ちに待った「白雪姫と鏡の女王」の公開日

ポスター

って事で・・・

私が20代の頃から変わらず、ずっと大好きなジュリア・ロバーツ初の

(最高にチャーミングで毒舌な)悪役っぷりと

今年1月に亡くなられた芸術家 石岡瑛子さんが手がけた

素晴らしい衣装の数々を見たくて、朝一で観に行ってきました

ずっと

VOGUE JAPAN9月号でも特集されていましたが・・・

51NwRDJJKZL__SL500_AA300_.jpg

女王や白雪姫だけでなく、脇役の一人一人にまで手を抜いてない

細かい刺繍やたっぷりのドレープにプリーツ、レースを使い

キラッキラのスワロフスキーや羽飾り等がたくさん付いた

カラフルでゴージャスな手の込んだ衣装のどれも、本当に素晴らしかったし

パンフ

お城の中のゴールドや大理石で造られた柱や暖炉のデザインを始め

森の中や小人達の家などのセットも本当に素晴らしくて

出来れば、一時停止しながら一つ一つじっくりと観たかった程で

ストーリーよりもゴージャスな衣装やセットが凄く気になった映画でした(笑)

ジュリアゴールドドレス

と、肝心のストーリーは?というと!

お馴染の七人の小人やリンゴは出てはきますが・・・

七人の小人たち

白雪姫もおとぎ話に出てくる可愛らしいだけとは違い

意地悪な王女とだけでなく、愛しい王子とまで戦ってしまう

強く逞しいイマドキな白雪姫って感じで

可憐で可愛いリリー・コリンズちゃんにピッタリの役なんだけど

ジュリアとリリー

相変わらず、ビックリするほど眉毛が極太で

最初は、衣装よりも眉毛ばっかりに目が行ってしまいましたが(笑)

(てか、ファッション雑誌やゴシップ記事に彼氏と2ショット等で載っている
リリーちゃんは、こんなに眉毛が太くないから・・・映画の時は毎回わざと?)

ジュリア赤のドレス

かたやジュリア・ロバーツは、数々のゴージャス衣装を全て着こなし

意地悪な継母役を楽しんでやっていて、「さすが!」という感じでしたが・・・

毒舌を吐いたり、エステを受けるシーンもとってもチャーミングで

期待していたいつもの「ガハハ笑い」も出たりと、憎めない悪役でした

白鳥リリー

ちなみに、王子役は最近良く出ているアーミー・ハマー

イケメンなんだけど、ドジでおちゃめな三枚目の王子役にピッタリでした


また、監督は、J・Lo主演の「ザ・セル」で有名になった

インド人のターセム・シンだけに!!

エンディングは、「まるでインド映画?」って感じの終わり方で

私的には結構笑えたのですが・・・

さすがフィル・コリンズの娘だけあって、リリーちゃんの歌声は最高でした

リリー青とオレンジドレス

てな感じで、この映画は話の内容どうのこうのよりも!(笑)

ジュリアのキュートな悪役&可愛いリリーちゃんのアクションシーンと

ゴージャスな衣装やセットの数々を観るだけでも、十分満足出来ると思いますが

後半にはちょっと「おぉ!良かったね!」と、思えるような温かいシーンもあります


と言う事で、ここ1ヶ月程は観たい!と思う洋画が無かったのですが

また少しずつ気になる洋画が公開になるし・・・

いろんな雑誌の映画コラム欄でオススメの映画にあがっている

現在公開中の「最強のふたり」を始め

へぇ

11月に公開になる映画版の「シルク・ドゥ・ソレイユ」3D

ちょっと楽しみです

ミクも

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。